IPOというのは多くの場合、公開価格で手に入れることはやさしいものではなく、上場後初値がついて以降手に入れることができるのが一般的な方法となります。
IPOの公募というのは供給に対して需要が非常に多いことが多いので、簡単に手に入れることは難しいものですがジョイフル本田のように比較的入手が優しいIPOというのも少なくありません。

ジョイフル本田のように東証一部に上場するような大型のIPOの場合、供給も多いので比較的公開価格で入手がやさしい部類に入りますがそこで問題となるのが、初値がどのぐらいの金額になるのかということです。
手に入れることがやさしいといっても初値が公開価格よりも高くなければ意味がありませんから、実際入手しやすいIPOの結果はどうなるのかというと、こればかりは当日の地合などに左右されるのでどのぐらいになるのかという判断は簡単にできるものではありません。
しかし、初値高騰が間違いなしといわれるような銘柄と比較しても、ジョイフル本田のように入手しやすい銘柄というのは公開価格を割るリスクも高い物となっていて、必ずしもIPOとしての魅力があるとは限らないことを注意しておくようにしましょう。
当たりやすいということはそれだけ事前の段階で多くの人の需要を満たしていることになるわけですから、上場してからも買いが入るとは限らずに公開価格を割ってしまう可能性も高い物となっているのです。
実際のところ、ジョイフル本田も初値は公開価格を下回ってしまっているため公募で手に入れた人は損をしているということになります。
その後、ジョイフル本田は右肩上がりで株価が上昇したため結果的に、公開価格で手に入れた人も利益を出すチャンスはあったわけですが、当たりやすいIPOは公開価格を割れやすいことも認識しておく必要があります。