IPO、新規公開株を発行するにあたり、証券会社には主幹事と引き受け幹事があります。
主幹事とは上場企業の幹事を行い、引き受け幹事とは発行株式の公募のみを行います。
ところで、この主幹事ですが、単にIPOのとりまとめを行うだけではなく、重要な仕事を行わなければなりません。
まず、上場できそうな会社をリサーチして分析を行います。
そして、可能性のある企業が見つかれば話し合い、上場希望があれば覚書を交わし、株式公開のための準備に取り掛かります。
というのも、どの市場に上場するのかによって様々な条件が異なってくるからです。
株主数、株式数、上場評価額、純資産、利益等々です。
この中で要件を満たしていない場合には、いつまでにどのような方法で行うかなどを話し合い、課題の改善策などを講じます。
これら条件がクリアできれば、上場適確用件に合致しているか確認していきます。
ビジネスモデルや事業環境、企業の透明性、コーポレートガバナンス、不適切企業との取引などを調べます。
これらの調査やヒアリングなどから問題ないと判断された場合には書類を作成し、証券取引所に推薦を行います。
ここまででも相当の労力を必要としますが、その後は株式公開に向けて価格の決定や市場動向の確認、そして資金の支払いなどを行い、株式の新規公開となります。
上場できれば一応それで目標は達成ということになります。
しかし、最近ではIPOによる資金の調達が目的で、上場後に業績の下方修正などで投資家に損失を与えるケースが見られます。
そのため、主幹事は上場までの審査の厳格化と、上場後のフォローも必要となります。
市場を通じて企業の成長をサポートする姿勢も怠ってはなりません。